『WEED THE PEOPLE – 大麻が救う命の物語 – 』自主上映会開催のお誘い

付けば 11月に入り、秋の気配深まってきました
皆さんにとって、2018年はどんな年だったでしょうか?

後の世には、2018年は「世界の大麻解禁の潮流決定した年」として記憶されることでしょう。1 月のカリフォルニア州に続いて、10月のカナダ、メキシコでの嗜好大麻の合法化は、あらためてこれからの社会の向かう方向を示しました。

このムーブメントを作り出し、ここまでの変化を成し遂げたのは、紛れもなく「無名の市民」の力です。てんかんのシャーロットちゃんと、『Weed』というドキュメンタリー番組の与えた影響については以前にもご紹介しました。

そしてこの 10月に、もう一つのドキュメンタリー映画がアメリカで公開されました。
WEED THE PEOPLE大麻救う命の物語 -』 です。

 ←クリックすると予告編を観られます

この映画では、5人の小児ん患者とその家族の物語を軸に、医療大麻を巡る社会状況や専門家の意見、サポートする人々の姿描かれます。大麻に関する知識の無い方みても充分に理解可能な内容で、従来の「違法薬物としての大麻」のイメージ大きく覆される内容になっています。

GREEN ZONE JAPAN は、この作品日本でも上映できるよう、製作会社に交渉し、日本語字幕版制作および日本における自主上映会を開催する許可を得ました

残念なら、この映画大手の配給にかかる可能性はありません。そのため私たちは、この映画の自主上映会の開催を、皆さん一人一人に呼びかけます。

上映権1回につき4万円。安くはないかもしれません、たとえば20名の参加者集まれば一人のあたりの負担は2000円になります。微力ではあります我々も事務局として、上映会の告知やフライヤーの作成、近隣での上映会の調整など可能な範囲で支援させて頂きます。

大麻に関する本当の話を知る人は、この国では未だ圧倒的に少数派です。
上映主の手を挙げることには勇気要るかもしれません。

けれど貴方声を上げることで、背中を押される人はきっといます
貴方主宰した上映会をきっかけに、次の「無名の市民」生まれ、このムーブメント波のように広っていくことを私たちは願っています。

興味のある方は、まずは info@greenzonejapan.com まで御連絡頂ければ幸いです。

【要項詳細】

🔹 上映時間:94分
🔹 音声:  英語 日本語字幕あり
🔹 上映期間:2019年 1月1日〜5月31日の中でご都合のよい日を選んで頂けます(それ以降の上映日をご希望の方はお問い合わせください)。
🔹 上映場所:特に指定はありません

🔹 費用:  上映に関しては以下の二つのプランからお選び頂けます。

A)初期費用 40,000円+30,000円を超えるチケット売上の50%(入場者 100名まで)
B)初期費用 80,000円 追加徴収なし(入場者数上限なし)

※①:会場費、機材レンタルにかかる経費などは全て上映主様の負担となります。
※②:参加費に関しては、上映主様自由に設定して頂けます。
※③:上映権売上は字幕作成経費(10,000円)を除いて製作会社へ支払われます。
※④:複数回の上映会を企画される場合、2回目以降の上映費は、Plan A の場合 30,000円/回、Plan B の場合 70,000円/回となります。
※⑤:会場で物販などをなさる場合、その売上げからは一切お支払いただく必要はございません。

🔹 告知:一般向けの上映会に関しては、Green Zone Japan のウェブサイト、Facebook ならびに Twitter にて告知協力させて頂きます。

🔹 その他:ご要望あれば、上映会にあわせてGreen Zone Japanの理事(正高、三木)講演に伺います。その他、ご要望あれば御相談ください。

コメントを残す