Green Zone Japan Seminar Vol. 1 のお知らせ

Green Zone Japan セミナー 第1回 を開催します。

テーマはズバリ「CBD」。CBD 再発見の歴史からアメリカの最新事情、使い方からビジネスの展開、CBD の今後にいたるまで、幅広いテーマでお話しします。CBDの輸入販売に携わっている方、これから始めたい方には最低限知っておいていただきたいことを、ぎゅっと濃縮してお伝えします。もちろん、ビジネスとは関係なく、CBDを使っている方、使ってみたい方にも役に立つ内容です。

<開催日>   2019年 11月24日(日)10:00 – 18:00(終了後懇親会あり)
<場所>    東京 TKPガーデンシティPREMIUM田町

<構成>
– 何がどうしてこうなった — ヘンプ由来のCBDとは
– 医療大麻総論 (ECS、アントラージュ効果) / 医療大麻各論
– CBDの医学適応と臨床応用の可能性
– CBDと医療大麻を巡る制度
– 日本国内の法規制と税関審査の実際
– CBDビジネスのこれからについて

<参加費>    30,000 円(懇親会なし)
ああああああ35,000 円(懇親会込み)

<お申し込み方法>  こちらからお申し込みください。(定員 50名)
申し込み締め切り: 11月15日

※ 領収書をご希望の方は、チケット購入の際、備考欄に「領収書希望」および領収書の宛名をご記入ください。当日会場でお渡しします。
※ ご質問は info@greenzonejapan.com までお願いします。

※ キャンセルポリシー: 11月10日までのキャンセルは 80% を銀行振込にてご返金いたします(銀行手数料はご負担ください)。それ以降のキャンセルについてはご返金できかねますのでご了承ください。

 


<講師紹介>

正高佑志
GREEN ZONE JAPAN
代表理事

1985年生まれ。熊本大学医学部医学科卒。医師。

2016年、カリフォルニア州にて医療大麻専門医のJeffrey Hergenratherと出会い、日本初の医療大麻専門医を目指すことを決意。

2017年、熊本大学脳神経内科に在籍中に医療大麻に関する啓発団体である一般社団法人、Green Zone Japanを設立し代表理事を務める。

あああああああああああああああああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああああああああああああああああああ

三木直子
GREEN ZONE JAPAN
プログラム・ディレクター

国際基督教大学卒。2006年に大麻合法化活動家ピーター・マクウィリアムスの著書を翻訳したのをきっかけに医療大麻に関心を持ち、啓蒙活動を開始。『マリファナはなぜ非合法なのか?』『大麻草でがんは治せるか?』に続き、最新の翻訳書は『CBDすべて ― 健康とウェルビーイングため医療大麻ガイド』(晶文社より年内出版予定)。2017年に GREEN ZONE JAPAN を共同創設し、プログラム・ディレクターを務める。

 

 

松峰啓真
源芳株式会社
取締役 薬剤師

東京理科大学薬学部卒。大学では漢方研究室にて生薬について学ぶ。その後、米国製サプリメント販売会社にて、バイヤー及び日本顧客への紹介に加え、原材料リサーチを実施。
化粧品製造販売業、化粧品製造業の許可の取得、化粧品の輸入、国内販売に従事。現在、医療用医薬品の輸入に関する薬事対応、品質管理業務、海外医薬品製造所監査、厚生労働省、PMDA等の行政当局対応を実施。
CBDに関しては、新規ブランド導入サポート、品質確認等、当局対応を含む輸入支援を実施している。

 

コメントを残す